タイヤ大手の横浜ゴムは、同業の独コンチネンタルとの提携を解消し、合弁会社を3月末までに清算する。世界各地で生産を増やす日韓の自動車メーカー向けに、お互いのタイヤ製品を供給する目的で2002年に提携していた。横浜が03年以降、海外に7工場をつくるなど、互いの供給体制が整ったとして解消を決めたという。横浜は20年に海外の新車用タイヤの販売本数を14年実績の約4倍にする計画を掲げる。

こんなニュースも