[PR]

 トヨタ自動車は9日、2017年春入社を中心とする16年度の採用計画を発表した。全体の採用数は15年度より約3%多い2680人で、4年連続で増やす。その中で、期間従業員から正社員に登用する数を3割増の500人にする。社内の待遇格差の是正と、不足気味の熟練作業員の確保を進めるねらいだ。

 トヨタには、一定の期間働いた期間従業員を正社員に登用する仕組みがある。ピークの07年度には1250人が正社員になったが、08年のリーマン・ショック後に急減し、14年度は90人だった。

 15年度は好業績もあって、当初予定を上回る387人を登用。16年度は500人まで増やす。「強い技能系職場を堅持するため、優秀な人材を積極的に登用する」(広報)という。生産現場の技能職は、期間従業員からの登用と、新卒の1150人を合わせ、前年度比約8%増の1650人を採用する計画だ。

 一方、事務職の採用数は約17%減の135人、開発などを担う技術職は約2%減の600人とする。女性の積極採用も続け、事務職と技術職での割合は、それぞれ41%と13%だった15年度並みをめざす。(鈴木毅)