アウディ日本法人は16日、上級スポーツ用多目的車(SUV)「Q7」を全面改良して売り出す。車体の重さを先代より最大で300kg軽くしたり、排気量を小さくしたりして、燃費を先代モデルより46%改善し、ガソリン1リットルあたり12.6kmとした。7人乗り。価格はターボチャージャー付きの排気量2リットルエンジン車が消費税込み804万円、同3リットルが929万円。