[PR]

 関西電力高浜3、4号機の運転を認めない仮処分が出たことに対し、原子力規制委員会の田中俊一委員長は9日、会見で「決定の内容を確認していないので申し上げられることはない」と述べた。その上で、「新規制基準は世界最高レベルに近づいている。その認識は特に変える必要はない」との考えを示した。

 また、大津地裁が処分を出した理由として「東京電力福島第一原発の事故原因が完全に究明されていない」と指摘した点については「常に新しい知見を取り入れて安全を追求して(新基準を改善して)いくことになっている。その原則は、変わらない」と語った。