[PR]

 将棋の普及活動のためにロシアを訪問中の羽生善治名人が9日、モスクワの日本大使公邸で、日本とロシアの学生ら20人を相手に指導対局を行った。

 対局は、日ロ首脳の合意で始まった日ロ青年交流事業の一環として行われた。10人の日本人学生らがロシアを訪問し、日本で盛んな将棋とロシアで人気が高いチェスをロシアの若者とプレーすることで、交流や理解を深める狙い。

 羽生名人の指導対局は、日ロの学生による10組のペアと同時に対局を進める「10面指し」の形式で行われた。名人は、飛車か角を落とすハンディをつけて対局した。