[PR]

 第88回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の組み合わせ抽選会が11日、午前9時から大阪市北区の毎日新聞大阪本社である。出場32校の監督、主将らが参加する。大会は3月20日から12日間(休養日1日を含む)の日程で、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で行われる。

 10日には32校の主将による「キャプテントーク」が毎日新聞大阪本社であった。抽選会当日に東日本大震災から5年を迎えることから、21世紀枠で出場する被災地の岩手・釜石の菊池智哉主将(新3年)が震災の体験などを語った。家族の安否が分からず不安な気持ちで一夜を過ごしたことや、仮設住宅が今も残る地元の様子を話し、「少しでも元気を与えられるよう、ひたむきにプレーしたい」と締めくくった。

関連ニュース