[PR]

 指定暴力団山口組と、昨夏分裂した神戸山口組の抗争に絡み、福岡、大分両県警は10日、火炎瓶処罰法違反などの容疑で、兵庫県淡路市にある神戸山口組の本部事務所を家宅捜索した。抗争関連の事件で警察が本部を捜索するのは初めて。

 本部事務所には午前11時、段ボール箱を持った捜査員ら三十数人が入った。

 福岡県警によると、捜索容疑は1月9日早朝、大分県の神戸山口組系組幹部らが、福岡市の山口組2次団体・一道会の事務所に火炎瓶を投げ込んだというもの。この4時間前には神戸山口組系幹部の知人が福岡県朝倉市の路上で襲われる事件があり、一道会組員らが傷害容疑で逮捕された。

 警察庁によると、山口組と神戸山口組の傘下組織が絡む事件は今回の捜索容疑を含め、昨年9月~今月6日に全国で49件発生。警察庁は7日、両団体が対立抗争状態にあると認定し、警戒を強めている。

 福岡県警は8日にも、別の覚醒剤密輸事件に絡んで神戸山口組本部などを家宅捜索していた。