広島県府中町の町立府中緑ケ丘中学校3年の男子生徒(当時15)が自殺した問題で、学校が作成した調査報告書は2月29日付で約50ページ。坂元弘校長がまとめ、10日に朝日新聞の情報公開請求で開示された。

■5回の面談での担任と男子生徒のやりとり(学校の調査報告書から抜粋)

11月16日ごろ (担任)「万引きがありますね」(生徒)「えっ」(担任)「3年ではなく、1年の時だよ」(生徒、間を置いて)「あっ、はい」

  26日ごろ (担任)「進路のことだけど、万引きがあるので専願が難しいことが色濃くなった」(生徒)「万引きのことは家の人に言わないで。雰囲気が悪くなる」(担任)「わかったよ。過去をほじくるつもりはない」

12月4日 (担任)「●●高校…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら