2020年度から大学入試センター試験に代わって始まる新テストについて、文部科学省は11日、これまでの検討結果をまとめた案を公表した。導入予定の記述式問題の評価は、1点刻みではなく、段階別にすることが盛り込まれた。

 まとめ案によると、記述式問題の採点結果は、「A~E」といった段階別に表示する。従来のマークシート式よりも採点に時間と人手がかかるため、記述式は前倒しを検討する。採点にはコンピューターも使い、人工知能の開発や活用も進める。

 大学入試改革は、丸暗記の知識量だけを重視するのではなく、思考力や判断力を測ることが目的。そのために、試験の複数回実施や記述式の導入が検討されてきた。記述式の評価は、1点刻みよりも幅を持たせる評価が適しているとされる。

 これらの案は「最終まとめ案」として、高校や大学入試の改革について話し合う有識者会議に示された。3月中に了承される見通しだ。

 また、19年度に導入予定の高校版学力テスト「高校基礎学力テスト(仮称)」の問題イメージも示した。英語、国語、数学の3教科で各4問。いずれも中学から高校1年程度のレベルという。文科省は高校入試などで使われた問題を集約し、組み合わせて出題する考えだ。様々な難易度のテストが随時受けられるような仕組みを整えるという。(高浜行人)