[PR]

 「理念捨て 名前捨てさせ 里帰り」。自民党の高村正彦副総裁は11日午前の党会合で、民主党と維新の党の合流後の新しい党名選びを皮肉る川柳を披露した。維新は、党名から「民主」を抜き、「民進党」としたうえでの合流を目指している。

 民主、維新両党は10日、新党名の最終候補として民主提案の「立憲民主党」、維新提案の「民進党」の2案に絞り、最終的に世論調査で決めるとしている。

 高村氏は民主が提案する「立憲民主党」については、「集団的自衛権と名前が付きさえすれば、十把一絡げに憲法違反だという運動を共産党とともに進めたい(民主代表の)岡田(克也)さんの運動方針にそった名前だが、本来の意味からいえば、鳩山一郎さんのような自主憲法制定をという人が率いる党にふさわしい名前だ」と指摘。そのうえで「世論調査で最終的に決めるのは『ザ・ポピュリズム』、選挙互助会にふさわしい決め方だ」と批判した。