[PR]

 神戸市長田区で2014年9月、小学1年の女児(当時6)が殺害された事件で、殺人などの罪に問われた君野康弘被告(49)の裁判員裁判が11日、神戸地裁であり、検察は死刑を求刑した。論告で「幼女の命を自らの性欲という身勝手な動機で奪った残虐で冷酷非情な犯行。死刑を回避すべき事情はない」と述べた。判決は18日の予定。

 起訴内容によると、君野被告は14年9月11日午後、自宅近くの路上を歩く女児にわいせつ目的で近づき、「絵のモデルになって」と声をかけてアパート自室に誘い込み、首をロープで絞めるなどして殺害。遺体を傷つけて複数のポリ袋に入れ、近くの雑木林などに遺棄したとされる。

 検察側は論告で、被告は事件前にインターネットの交流サイトで少女と会話のやり取りをし、幼女のわいせつ動画も見ており、性的興奮が高まった状態で女児を尾行したと主張。「わいせつ目的の誘拐は明らか」と述べた。また、女児の母親が意見を述べ、「被告を許すことはできない。生命をもって償ってほしい」と涙声で訴えた。

 弁護側は最終弁論で「孤独を感じていた被告が、偶然出会った女児を思いつきで誘ったと考えても不自然ではない」と述べ、わいせつ目的を否定。死刑回避を求めた。君野被告は最後に「(法廷で)女児の母親と祖母の話を聞き、申し訳ない気持ちでいっぱい。謝罪させていただきたい。冥福を祈り、生活していく」と話した。(佐藤啓介)