[PR]

 川崎市川崎区の多摩川河川敷で昨年2月、中学1年の上村(うえむら)遼太さん(当時13)が殺害された事件の裁判員裁判で、横浜地裁は14日、傷害致死の罪に問われた無職少年(18)に対し、懲役4年以上6年6カ月以下の不定期刑(求刑懲役4年以上8年以下の不定期刑)の判決を言い渡した。

 検察側の主張によると、被告は昨年2月19日夜、無職少年(19)=殺人罪などで懲役9年以上13年以下の不定期刑が確定=、元職人の少年(18)=傷害致死罪で起訴=と飲酒中、19歳の少年が上村さんに腹を立てていることを知りながら、上村さんを呼び出したとされる。合流後、被告は多摩川河川敷で、19歳の少年に指示されて、首をカッターナイフで何度も切るなどして死なせたとされる。

 弁護側は、被告が上村さんを切りつけたのは、「19歳の少年の強い指示があったためだ」と主張。刑事罰ではなく、少年院に収容するよう訴えていた。