[PR]

 厚生労働省は11日、ブラジルから帰国した愛知県の30代女性がジカウイルス感染症(ジカ熱)と診断されたと発表した。女性はブラジルで蚊に刺されたと話しており、厚労省は現地で感染したとみている。中南米で流行が始まった昨年以降、日本で感染者が確認されたのは、川崎市の男子高校生に続いて2人目。

 ジカ熱は、妊婦が感染すると、先天的に頭の小さい「小頭症」の子どもが生まれる可能性が指摘されている。厚労省は、この女性が妊娠しているかどうかは明らかにしなかった。

 愛知県岡崎市によると、女性は市内在住という。

 厚労省の発表では、女性はブラジルに約2週間滞在し、2月22日に帰国した。3月7日に発疹や38度台の発熱、関節痛の症状が出た。発疹が全身に広がったことから10日に医療機関を受診し、医師が疑い例として自治体に報告。国立感染症研究所で血液や尿を調べた結果、感染が確認された。自宅で療養中で、すでに熱は下がり、状態は安定しているという。

 日本は現在、ウイルスを媒介す…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら