[PR]

 13日に初日を迎える大相撲春場所(エディオンアリーナ大阪)では、初場所を制した大関琴奨菊の綱とりが最大の注目だ。11日にあった番付編成会議で、2日目に関脇嘉風と対戦することが決まった。序盤戦最初のヤマ場になりそうだ。

 幕内では過去15勝4敗と分はいいものの、相手は突き押しに磨きがかかり、今場所で自己最高位の東関脇まで番付を上げてきた。イベント続きで琴奨菊は稽古不足が不安視されており、場所を占う一戦になる。初日の高安に続いて快勝できれば勢いに乗りそうだ。

 綱とりに立ちはだかるのは3横…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら