国会でオバマ米大統領をめぐる発言で批判された自民党の丸山和也参院議員が11日、フジテレビのバラエティー番組に出演し、「意図は正しいのに、言葉尻をとらえられた。日本の悪い風潮だ」などと語った。だが、共演したお笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志さんは「オチの持っていき方が間違っている」。ぴしりとダメ出しした。

 丸山氏は2月17日の参院憲法審査会で「アメリカは黒人が大統領になっている。これ、奴隷ですよ。建国当初、黒人、奴隷が大統領になるなんて考えもしない。ダイナミックな変革をしていく国だ」などと発言し、批判を浴びた。

 丸山氏は番組で、ダウンタウンの2人や他の出演者と酒を飲みながら、発言について「(米国は)すばらしい国だと賛美をしていた。理解力の乏しい人間、レベルの低いマスコミの声が大きく、まるっきり逆のことを(伝えた)」と正当性を強調した。

 これに対し、松本さんは「おしゃべりを生業にしている人間として、一言もの申したい。僕らの仕事でいうところのオチの持っていき方が間違っている。あの順番で、あの話をするとこういう切り取られ方をしてしまう。やはりミスだと思う」と突っ込んだ。

 だが、それでも丸山氏は「言葉にパンチがあった。それにやわい人がショックを受けた。急に風呂に入っていて水かけられたみたいになって、びっくりしたんだ。だんだん時間たってくると、私が言ったことはその通りやないかという風になりつつあると、希望的観測をしている」。(竹山栄太郎)