[PR]

 東京都中野区のマンションで昨年8月、アルバイト店員で劇団員の加賀谷(かがや)理沙さん(当時25)が殺害された事件で、警視庁は12日、現場近くに当時住んでいた福島県矢吹町中町、職業不詳戸倉高広容疑者(37)を殺人容疑で逮捕し、発表した。「被害者については全く知りません。被害者の所に行った記憶はありませんし、殺していません」と容疑を否認しているという。

 中野署捜査本部によると、戸倉容疑者は2015年8月25日午前0時半ごろ~翌26日午後10時ごろの間、自宅マンションにいた加賀谷さんの首を圧迫するなどの暴行をして窒息死させた疑いがある。加賀谷さんの遺体から検出された皮膚片などのDNA型と、2月中旬に任意提出を受けた戸倉容疑者のDNA型が今月、一致したという。

 加賀谷さんのアルバイト先の店長の届け出を受けて、加賀谷さん宅を訪れた中野署員が26日夜に発見。玄関先で倒れ、衣服をつけておらず、顔にはタオルケットがかけられていた。部屋からは、衣類やバッグ、自宅の鍵、布団カバーなど十数点がなくなっていたといい、捜査本部は戸倉容疑者が持ち去ったとみている。

 捜査本部の調べでは、戸倉容疑者は現場から約300メートル離れたマンションに住んでいたが、加賀谷さんとの交友関係はなかったとみられる。事件後に矢吹町の実家に転居しており、12日午前、自宅で逮捕されて東京・霞が関の警視庁に移送された。