ルーマニア陸上連盟は11日、女子走り高跳びで1960年ローマ、64年東京両五輪を連覇した同国のヨランダ・バラシュさんが死去したと発表した。79歳だった。

 バラシュさんは世界記録を14度マーク。61年に出した1メートル91の世界記録は10年間破られなかった。67年に引退した後はルーマニア陸連の会長も務めた。(AFP時事)