[PR]

 福岡市西区で2月、予備校生の北川ひかるさん(19)=同区=が刺殺された事件で、殺人容疑で逮捕された同じ予備校に通う少年(19)が事件当日、北川さんや友人と食事をしていたことが捜査関係者への取材でわかった。県警は、少年が食事の後に尾行していた疑いがあるとみている。

 捜査関係者によると、北川さんが少年や同じ予備校の友人らと集まったのは2月27日昼過ぎ。福岡・天神で食事をし、街を散策して解散した。北川さんはその後、一人で地下鉄に乗って姪浜駅で降り、歩いて帰宅する途中に自宅近くで背後から襲われたとみられる。少年が駅から後をつけた可能性があるという。

 現場にはナイフ2本とおのが落ちており、少年は事件直後に交番へ自首した際、「北川さんに告白したが言葉を濁された」などと話した。県警の調べに「凶器は事前にネットで購入した」と説明したという。食事をした際にはすでに殺意を抱いていたとみて、県警が経緯を調べている。

 北川さんと少年は熊本県内の別々の高校を卒業し、昨年4月に福岡市内の同じ予備校に入って知り合った。通信アプリ「LINE」でもやりとりをしていたという。(井上怜)