[PR]

 米大統領選の共和党候補者指名争いで首位を走る実業家トランプ氏(69)の支持者と抗議者が11日、イリノイ州シカゴで衝突し、大混乱に陥った。トランプ氏は警察当局と協議し、「安全のため」として集会を急きょ延期した。

 現場の施設では、トランプ氏の集会が予定されていた。大勢の報道陣の目前で起きたため、衝突の様子は瞬く間に全米に広まった。

 CNNなどによると、開始前から数百人の抗議者が会場内に入り込んでいた。「トランプ=憎悪」「トランプは白人至上主義」などのポスターを掲げて抗議の大声を上げる若者に、トランプ氏の支持者が猛反発し、殴り合ったり、取っ組み合いになったりする様子が報じられた。トランプ氏の支持者は白人が多いようだった。

 トランプ氏の集会は、持ち物検査を受ければ比較的簡単に入れる。トランプ氏の過激な言動が広まるにつれ、集団で抗議する人たちが目立っていた。これに対し、トランプ氏は「追い出せ」と言うだけでなく、「メキシコから来たのか?」と挑発したり、「昔だったら抗議者は(周囲に殴られて)担架で搬出されていた。顔面を殴ってやりたい」と暴力をあおるような発言をしたりしていた。