[PR]

 安倍晋三首相は12日、自民党本部であった全国幹事長会議で「夏の参院選は自公対民共の対決になる」と述べ、民主と共産の選挙協力に強い警戒感を示した。

 首相は「民主党は共産党と手を結び、平和安全(安保)法制を廃止する法律を通そうとしている。せっかく強化された(日米)同盟のきずなは、大きく損なわれてしまう」と強調。「共産党の究極的な目標は自衛隊解散、日米安保条約の廃棄だ。この共産党と手を結んで選挙を戦う民主党、民共勢力に決して負けるわけにはいかない」と述べた。

 この会議では、複数の県連幹事長らが、参院選を前に国会議員の失言などが相次いでいることを念頭に「緩みが出ているのではないか」と危機感をあらわにした。出席者によると、谷垣禎一幹事長は「気を引き締めていきたい」と応じた。衆参両院の選挙制度改革に伴う地方の定数削減については、「地方創生に反する」との批判が寄せられたという。(河合達郎)