[PR]

 福岡市西区で2月、予備校生の北川ひかるさん(19)が刺殺された事件で、殺人容疑で逮捕された同じ予備校に通う少年(19)と北川さんについて、予備校の友人らが「2人にトラブルは思い当たらない」と話していることが福岡県警への取材でわかった。

 北川さんは事件当日も少年や友人と一緒に食事をしており、家族にトラブルを相談した形跡もなかった。県警は少年が一方的に恨みを募らせたとみている。

 県警によると、北川さんと少年は事件があった2月27日の昼過ぎ、友人らと福岡・天神で食事し、街を散策した。2人とも変わった様子はなく、友人らは「トラブルは思い当たらない」と話しているという。