[PR]

(13日、大相撲春場所初日)

 朝の佐渡ケ嶽部屋には、100人以上の見物客が集った。窓の外からも中に入れない人の視線が注ぐ。先場所の大殊勲で時の人となった琴奨菊が、重圧にも負けず、こともなげに初日を乗り切った。

 相手は三役経験者の高安。不調から巻き返し、幕内筆頭まで戻った元気な26歳に、ほぼ何もさせなかった。低く、鋭い立ち合い。高安の張り差しをものともせずに左をねじ込んだ。右で抱えて前に出る。こらえる相手を左右に揺さぶりながら左かいなを返していくと、大関の波状攻撃に高安の上体はみるみる起き上がった。勝負あり、だ。

 支度部屋に戻ると「よしっ」と…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも