[PR]

 マレーシア警察は12日夜、オーストラリアの公共放送ABCテレビのリポーターら2人を公務執行妨害の疑いで一時拘束した。資金流用疑惑に揺れるナジブ首相の訪問先で、本人への直撃インタビューを試みようとし、警官の制止に従わなかったという。

 警察などによると、拘束されたのは、調査報道が専門のリポーターとカメラマンの2人。今月5日にクアラルンプールに入り、12日はボルネオ島サラワク州のクチンで取材中だった。13日朝に釈放されたという。

 ABCの番組プロデューサーは13日、自身のツイッター上で「(2人の)旅券は戻されたが、出国できない」と説明した。(シンガポール=都留悦史)