[PR]

 抵抗できない状態の女性に性的暴行を加えたとして、沖縄県警は13日、米軍キャンプ・シュワブ所属の海軍1等水兵ジャスティン・アレクサンダー・カステラノス容疑者(24)を準強姦(ごうかん)の疑いで緊急逮捕し、発表した。「逮捕事実は間違っている」と容疑を否認しているという。

 発表によると、カステラノス容疑者は13日午前1時過ぎ~同4時ごろ、那覇市のビジネスホテルの客室で、酒に酔って熟睡していた40代の女性会社員に性的暴行を加えた疑いがある。女性は知人らと観光で訪れていた。12日夜に飲酒した後、宿泊先のホテルの廊下で寝てしまい、13日未明にカステラノス容疑者の部屋で被害に気付いたという。

 女性から連絡を受けた知人が110番通報し、駆けつけた警察官がホテルにいたカステラノス容疑者を見つけた。2人は同じ階に宿泊していたが、面識はないという。県警はホテル従業員の話や防犯カメラ映像などから、カステラノス容疑者が寝ている女性を見つけて部屋に連れ込んだとみている。