[PR]

 横浜市中区山手町の駐横浜大韓民国総領事館で昨年12月、「靖国神社爆破に報復する」などと書かれた不審物が見つかった事件で、神奈川県警は14日、同市戸塚区の無職の男(23)を威力業務妨害などの疑いで逮捕した。

 県警によると、男は昨年12月11日午後1時ごろ、総領事館敷地内の駐車場に汚物入りの段ボール箱(縦約30センチ、幅約20センチ)を投げ入れた疑いがある。12日朝に見つかった箱には、右派系市民団体を名乗り、「靖国神社爆破に報復する」などと書かれた紙が貼られていた。隣接する歩道から塀越しに投げたとみられ、周辺の防犯カメラの映像などから男が浮上した。

 発生時は県警爆発物処理隊が出動する騒ぎとなり、県警は総領事館の警備を強化。韓国外交省は日本にある在外公館の警備と在留韓国人の身辺安全措置を強化するよう、各公館に指示していた。