[PR]

 14日午前3時ごろ、富山市手屋(たや)1丁目にある指定暴力団山口組(本部・神戸市)傘下の組事務所周辺で、警戒していた富山県警の警察官が発砲音を確認し、捜査員が調べたところ、事務所2階の壁から弾痕が1カ所見つかった。事務所内には組関係者の男性1人がいたが、けがはなかった。発砲音は3回ほどしたという。

 県警によると、この組は山口組の3次団体で、山口組分裂を巡って、神戸山口組(本部・兵庫県淡路市)に加わる動きを見せていたという。2月29日未明にも事務所に火炎瓶のようなものが投げ込まれる事件があり、県警が24時間態勢で警戒を続けていた。

 現場は、JR富山駅から北東に約5キロ離れた住宅街。近くの70代女性は「警官が警戒中にもかかわらず発砲事件が起きるとは怖い。早く通常の生活に戻って欲しい」と話した。