[PR]

■特集(就活面接の裏側)

 就職活動で悩みがちなのが自己分析です。3月に入り就職活動が本格化していますが、きちんと自己分析ができていないと、面接などでつまずきの原因になりかねません。分析のコツを、リクルートキャリアの岡崎仁美・就職みらい研究所長に聞きました。

■社会を見て、自分を知る

 ――自己分析で気をつけることは何でしょうか。

 「自己分析の目的は、自分の特性や、大事にしたいものは何なのかといった考え方の特徴を認識することです。手法は大きく二つに分けられます。一つは、自分が過去の人生でやってきたこと、感じたことを棚卸しすること。いわば自分の姿を直接見つめて自分を知る手法です。もう一つが、企業や仕事に目を向け、その対象への自分の感じ方を自覚することで、自分を知ろうというもの。いわば社会という鏡を通して自分を知る手法です」

 ――どちらがおすすめですか。

 「時間があれば両方試すといいでしょう。ただ、就職活動が本格化した今はそうも言っていられないという人も少なくないと思います。その場合は『社会を見て自分を知る』手法をおすすめします。自己分析というと自分史を書くなど人生の振り返りをイメージしがちですが、そうした自己分析は、自分の可能性や特性を仕事に生かす、という視点が欠けてしまいやすくもあります。それでは、自分に合った企業や仕事を見つけるための自己分析にはなりにくい」

 ――では、どうすればいいのでしょうか。

 「企業や仕事の具体的な情報を得て、その感じ方から自己分析をするスタイルだと、自分を知ると同時に、企業を知ることもできます。また、その企業や仕事で自分は頑張れるかどうか、これまでの経験を生かせるかどうか、といった視点も持てるので、就職活動に役立てやすいと思います。就職情報サイトには、様々な企業情報の中で気になったポイントをまとめ、自分の関心や適性を分析できる機能が備わっているものがあるので活用してみてください。また、友人と志望企業が違う場合は、お互いになぜその企業を志望しているのか、逆になぜその企業は志望しないのかを話し合ってもよいかも知れません。ときには、同じ企業を目指していても、志望理由が違うこともあります。他者と意見交換すると、自分が本当に重視している点は何なのかが見えてきます」

■「隠された窓」には注意

 ――自己分析をする上で注意することはありますか。

 「自分を知るって難しいことですよね。実際に、答えのない世界の深みにはまってしまい、就職活動をうまく進められなかったという人もいます。心理学で『ジョハリの窓』というモデルがあります。対人関係における自己の捉え方を四つに分類したもので、例えば『自分も他人も知っている自分』は『開かれた窓』にあたります。この部分から自己分析するのは、比較的簡単です。自分でも認識していますし、友人や家族に聞いても指摘をもらえる」

 「ところが、その『開かれた窓』での自己分析をベースとした就職活動が行き詰ってくると、多くの学生は次に、自分は知っているけれども他人は知らない『隠された窓』に目を向けてしまう。どんな立派な人にも欠点はあり、普段はそれを極力他人には見せないように努力していたりするものです。ところがこの『隠された窓』ばかりに目を向けて自己嫌悪に陥る学生は少なくありません。極端な場合、自分のような人間は、働かない方が世の中のためだとまで思い詰めてしまう。当然就職活動への意欲も減退してしまいます」

 ――誰にでもあるのだから、欠点があるということを悲観し過ぎてはいけないということですね。

 「おすすめしたいのは、自分では気づいていないけれども、他人からは見えている部分に目を向けることです。この部分は『盲点の窓』と呼ばれ、思わぬ長所が隠れていることがあります。友人に『私ってどんな人だと思う?』と聞いてみたり、家族に小さい頃どういう子どもだったか尋ねてみたりして、新たな自分の特徴に気づいて欲しいと思います」

■就活における「自分のモノサシ」を作ろう

 ――しっかり自己分析をすると、どんな効果がありますか。

 「3月に入り、多くの企業が会社説明会を開いています。どの企業の説明会に行けばいいのか、悩む学生も大勢います。自己分析を怠って自分の内面や、やりたいことが分かっていないと、企業選びの判断基準が持てません。説明会に参加しても、何に着目して聞けばいいのか分からなくなります。大学受験では偏差値という共通のモノサシがあり、志望大学を選定する上での一つの基準になり得ていたでしょうが、企業毎に採用基準の異なる就職はそれとは違います。就職活動の『自分のモノサシ』を作れることが、自己分析の大きな利点です。面接等で自分の考えや志望動機を伝える際にも説得力が増してきます」

 「自己分析が不十分なまま就職活動を進めてしまうと、企業の意向ばかりに振り回されてしまう危険があります。企業が求める人材は、その時々の事業戦略によっても変わるのです。100人採用するなら、様々なタイプの人が欲しいという企業もあります。学生の皆さんは『就活の攻略法がつかめない』と悩ましく感じてしまうでしょうが、だからこそ『自分のモノサシ』を作ることが大切なのです。そのために自己分析は極めて有効な取り組みだと知っておいて欲しいと思います」(信原一貴)