[PR]

 JR東日本とJR西日本は14日、北陸新幹線の客室内にある防犯カメラの常時録画を15日から始めると発表した。2015年6月に東海道新幹線「のぞみ」車内で起きた放火事件を受けた。

 常時録画が始まるのは、北陸新幹線を走る「E7系」と「W7系」車両。客室やデッキなど1編成(12両)あたり80台のカメラを備えているが、これまで客室内のカメラは非常ボタンが押されると録画が始まる仕組みだった。4月末までに全29編成が常時録画に切り替えられる。

 東海道新幹線は2月から主力車両「N700系」で常時録画をスタート。東北新幹線を走る「E5系」「E6系」は4月中旬から始める予定だ。(細沢礼輝)