[PR]

 民家の敷地内に入って入浴中の女性をのぞき見したとして、警視庁は14日、武蔵野署刑事組織犯罪対策課の男性巡査部長(31)を住居侵入と軽犯罪法違反(のぞき)の容疑で書類送検し、他の盗撮行為も含めて停職3カ月の懲戒処分とし、発表した。巡査部長は同日付で依願退職した。

 人事1課によると、巡査部長は昨年11月下旬、東京都練馬区で、帰宅中に他人の住宅敷地内に侵入し、風呂場の窓から入浴中の女性をのぞいた疑いがある。入浴の様子はスマートフォンで動画撮影していた。この家の別の住人が見つけ、110番通報した。容疑を認めているという。

 また、このとき所持していたデジタルカメラから、駅構内や電車内で女性の衣服の中を撮影した動画が十数本見つかった。本人は盗撮を認めたが、多くは公訴時効(3年)より前の撮影で、その他の動画も場所や被害者が特定できなかったため、立件を見送ったという。

 滝沢幹滋・警務部参事官は「警察官としてあるまじき行為で、厳正に処分した。職員に対する指導、教養を徹底し、再発防止に努めたい」とコメントした。