[PR]

 ロシアのプーチン大統領は14日、シリアに駐留するロシア軍の主力部隊の撤退を15日から始めるよう指示した。「基本的な任務を果たした」と説明しているが、シリア内戦をめぐる和平協議で影響力を強めたいとの思惑もあるとみられる。ただ、撤退の具体的な日程はロシア国防省が検討するとし、完了時期は示さなかった。

 ロシアは昨年9月、過激派組織「イスラム国」(IS)掃討を名目にシリアでの空爆を開始。IS以外の過激派にも対象を拡大したが、ロシアのシリア作戦は大きな転機を迎えた。

 プーチン氏は14日、ショイグ国防相とラブロフ外相との会合で、「ロシア軍の参戦により、シリア軍は国際テロリズムとの戦況の改善に成功した」と成果を強調。ショイグ氏によると、ロシア軍機は9千回以上出撃し、2千人以上の戦闘員を殺害。400の市町村を解放したという。

 またプーチン氏は「シリア問題の平和的な解決促進を期待する」とも述べ、14日に再開した和平協議に積極的に関与するようラブロフ氏に指示した。ロシアの空爆はシリアの反体制派などから「アサド政権と連携し、IS以外の反体制派を攻撃している」と批判されており、今回の決定が協議の進展を後押しする可能性がある。

 ただ、ロシアはシリアにあるロ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも