[PR]

 熊本県阿蘇地方に春の訪れを告げる「火振り神事」が15日夜、同県阿蘇市一の宮町の阿蘇神社であった。氏子たちが火の付いたカヤの束を振り回して描く炎の輪が、楼門前の横参道を赤く照らした。

 豊作を願う「田作祭(たづくりさい)」のメイン行事。神社にまつられている国龍神(くにたつのかみ)の結婚を祝うもので、国の重要無形民俗文化財「阿蘇の農耕祭事」のひとつ。参拝者も加わり、用意された約1700束は1時間ほどでなくなった。(尾立史仁)