[PR]

 コンピューターグラフィックス(CG)で裸の女児を本物そっくりに描いて販売したとして、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造など)の罪に問われた岐阜市のグラフィックデザイナー高橋証(あかし)被告(55)の判決が15日、東京地裁であった。三上孝浩裁判長は、起訴されたCG34点のうち3点が「児童ポルノ」に当たると認め、懲役1年執行猶予3年、罰金30万円(求刑・懲役2年、罰金100万円)を言い渡した。

 被告を2013年に逮捕した警視庁によると、CGを児童ポルノとして摘発した初めての事例だった。

 判決は、たとえCGであっても「一般人が見て、顔や胸、性器など重要部分で実在の児童を忠実に描写したと認識できれば、児童ポルノとして処罰対象になる」との判断を示した。

 その上で、今回のケースについて、「描かれた女性が実在すること」や「18歳未満であること」などの立証が検察側により十分にされているかを検討。34点のうち3点について「実在の児童を描いた」と認定し、「元の写真に極力似せようとしており、写真と比べ悪質性が低いとは言えない」と述べた。他の31点については、児童ポルノとは言えないと判断した。

 被告は公判で、1980年代に出版された写真集を参考にしたものの、元の写真にはない体の部分を描いたり、構図やポーズも変えたりしたと説明。「実在の児童を描いたものではなく、芸術作品だ」として無罪を主張していた。(千葉雄高)