[PR]

 福岡県警と県弁護士会、県暴力追放運動推進センターは15日、暴力団離脱者(ヤメ暴)の社会復帰に対する支援などを盛り込んだ協定を結んだ。民事介入暴力事案で警察や弁護士会が連携する協定は他県にもあるが、ヤメ暴への支援を含む連携は全国初。

 県警によると、離脱を希望する組員から相談を受けた弁護士が県警に連絡し、県警や暴追センターが離脱や就労を支援する、といった連携を想定している。

 ヤメ暴支援以外にも、暴力団事務所の撤去活動や、暴力団被害の損害賠償請求などで連携していく。(張守男)