[PR]

 埼玉県川越市の星野学園中学校で15日あった卒業式に、7年前に病気で亡くなった級友の女の子から祝電が届いた。実は、今も手紙やカードを送ってくれる同級生たちに、母親が「忘れないでいてくれて、ありがとう」との思いで発信した。「いつも一緒だよ」。式の後、卒業生が小学校にある思い出の場所に集まった。

 女の子は久保木千歳さん(当時8)。星野学園小学校1年生だった2007年5月に白血病を発症し入院。症状が安定した2年生の4月から学校へ復帰したが、夏に再発し、秋に骨髄移植手術も受けたが09年2月に亡くなった。

 この日、小学校から進学した約70人を含む149人が中学校を卒業した。式で祝電が読み上げられると驚いた様子だったが、教諭が母裕子さん(50)からだと経緯を説明すると、女子生徒たちが泣き出した。

 生前、いつも休み時間に一緒に遊んでいたという前野里彩子さん(15)は「思いがけない人から祝ってもらえたのと、久保木さんを思い出しさびしくなって」と涙ぐんだ。

 久保木さんは抗がん剤で髪がほ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら