[PR]

 2005年に起きた栃木県今市市(現日光市)の小1女児殺害事件で、殺人罪に問われた無職勝又拓哉被告(33)の裁判員裁判。15日の法廷でも取り調べの録音・録画が再生された。2014年6月11日の検事と被告のやりとりは次の通り。

     ◇

 検事「事実を話さなくても警察はまったく困らないから。わかる?」

 被告「はい」

 (中略)

 検事「拓哉君、大事なのは人間としての道だ。被害者も、被害者の家族も、拓哉君の家族も拓哉君もハートを持っている。人としての道なんだよ、大事なのは。『人間らしく生きる』って言ってみてくんない?」

 被告「人間らしく生きる」

 検事「逃げちゃうのは簡単。今この瞬間は、忘れたい過去を心臓えぐられちゃうくらいにストレートに聞かれるけど、逃げちゃだめだよね」

 (中略)

 検事「(14年2月24日に母親に送った手紙は)僕が聞きたい真実、事件を起こして申し訳ないという気持ち?」

 被告「はい」

 検事「言ってみてよ。どういう事件を起こして申し訳ないという気持ちで書いたの?」

 被告「……」

 検事「口先だけで言ってもらう必要はないの。心の底からちゃんと人としての道を示してよ。逃げちゃダメだって。女児を殺したのは君だね?」

 被告「うん」

 検事「君だね?」

 被告「はい」

 検事「君が殺したんだね?」

 被告「はい(はっきりとした声で)」

 検事「きょうは調書取らないから。心の底から言えてる?」

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら