[PR]

■小川敏夫・民主党参院幹事長 

 (維新の党との合流に伴う新しい党名を決める世論調査で、民主党が推す「立憲民主党」が選ばれなかったことについて)「民主」という言葉が入っているからダメというよりも、響きじゃないか。「立憲民主」は文字が多く、「立憲」はあまり滑らかな響きではない。大隈重信の「立憲改進党」など古色蒼然(こしょくそうぜん)たる雰囲気もあり、言葉のイメージで負けたと思う。

 「立憲」「民主」という意味としてはベストな言葉だと思うが、党名としては親しみづらい名称という印象だ。「民進党」の方が滑らか、言いやすいぐらいのところで、二つの比較だから民進党になったのではないか。(15日、記者会見で)

こんなニュースも