[PR]

 中華料理店「餃子の王将」を展開する王将フードサービス(京都市)は15日、3年連続でベースアップを実施すると発表した。外食産業は人手不足が続いており、待遇改善で人材を確保するねらいだ。

 ベアの対象は社員約2100人で、4月の給与から一律2182円増やす。定期昇給分も加えると月収は社員平均で1人9500円増えるという。社員の平均年間給与は478万円で、1カ月あたり3・3%増える計算になる。

 同社は14年に労働組合のベア2500円の要求に対して、4倍となる1万円を回答。15年も4300円のベアを実施していた。

こんなニュースも