[PR]

 デザイナーの三宅一生さん(77)が15日、フランス政府からレジオン・ドヌール勲章コマンドゥールを受章した。

 東京・六本木で行われた展覧会「MIYAKE ISSEY展:三宅一生の仕事」の開会式で、来賓のジャック・ラング元仏文化大臣が発表、その場で授与した。

 三宅さんは「驚いています。この仕事ができているだけで幸せなのですから、これ以上の幸せはもうないのかと思う。当分の間、(勲章を)預からせていただきたいという気持ちです」と声を詰まらせながらスピーチした。1980年代から親交のあるラング氏は「功績に対し、最も権威ある位のひとつを贈ります。彼がいたからこそ、パリという都をクリエーションの都にすることができた」とたたえた。

 三宅さんは1970年に三宅デザイン事務所設立後、73年秋冬シーズンからパリ・コレクションに参加。93年に同勲章シュバリエを受章している。(松沢奈々子)