[PR]

 NHK大阪放送局が、インテックス大阪(大阪市住之江区)で27日に開かれる漫画同人誌即売会「コミックシティ大阪105」に初出展する。連続テレビ小説「あさが来た」や大河ドラマ「真田丸」、アニメ「忍たま乱太郎」にちなんだ内容の“同人誌風冊子”を作成中で、若い世代へのアピールを狙う。

 人気漫画やアニメの登場人物を使った二次創作の作品を集めた同人誌。2014年末の東京での即売会にNHKが初出展した際は、ネットで大きな反響を呼んだ。大阪放送局としては、今回が初参加となる。

 冊子はB5判24ページ。内容は「真田丸」に出演している声優・高木渉のインタビューや視聴者から寄せられた「あさが来た」のイラスト、「忍たま乱太郎」のゆかりの地名を盛り込んだ兵庫県尼崎市の地図など。4月から「歴史秘話ヒストリア」に出演する井上あさひアナウンサーも漫画になって登場する。漫画やアニメ好きな若いスタッフの意見も採り入れたという。3千部を用意し、ネット上のアンケート回答者に無料で配る。広報部の担当者は「皆さんに喜んでもらえるような内容を凝縮した」と話す。(松本紗知)