[PR]

 16日午前1時50分ごろ、岐阜県高山市西之一色町3丁目の民宿「新三」付近から出火し、木造2階建て延べ約260平方メートルの民宿が全焼した。南隣の旅館の外壁約20平方メートルも焼けた。県警高山署によると、民宿の宿泊客の女性(27)が煙を吸って病院に運ばれ、軽傷だという。ほかの宿泊客4人と従業員2人は避難して無事だった。同署が出火原因を調べている。

 2階の一室に1人で泊まっていた岐阜市の溶接業の男性(68)は「目が覚めると煙の臭いがして、ブザーのような音が聞こえた。むせながら部屋を出た瞬間、廊下から火がブワーッと来た。『火事だ、逃げろ』と叫びながら火の中をくぐった」と話した。

 現場はJR高山駅の南西約1・5キロ。