[PR]

 東京のプロレス団体「ZERO1(ゼロワン)」が来月16日、ネパール大地震から1年を迎える首都カトマンズで復興支援のため試合をする。選手たちは、昨年5月に亡くなった後援会長の大村充さん(当時69)=岐阜市岩崎=への思いを胸に、現地の人々に勇気を与えたいと考えている。

 ZERO1の前身は、岐阜県土岐市出身で2005年に亡くなった人気レスラー、橋本真也さんが立ち上げた団体。全国各地で毎月20前後の興行(試合)をしている。橋本さんと知り合いだった大村さんが公認の後援会長を長く務めてきた。

 ネパールとの交流は、08年にさかのぼる。東京の靖国神社での興行に、ネパールで唯一のプロレス団体を主宰するヒマラヤン・タイガー選手が参加した。これをきっかけに、12年と13年、ZERO1の選手がカトマンズを訪れ、興行をした。

 建設会社を営んでいた大村さん…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら