囲碁の第28期女流名人戦三番勝負(産経新聞社主催)の第3局は16日、東京都千代田区の日本棋院で打たれ、謝依旻(しぇいいみん)女流名人(26)=女流三冠=が挑戦者の青木喜久代八段(47)に266手までで白番半目勝ちし、2勝1敗で女流名人9連覇を達成した。

 三番勝負は3月3日に開幕。第1局を謝が制し、9日の第2局で青木が返して最終局にもつれていた。

 女流本因坊、女流棋聖をあわせ持つ謝女流名人は、女流三冠の立場を堅持。女流タイトルの最多連覇記録を伸ばすとともに、史上最多の女流タイトル獲得数を23に更新した。

関連ニュース