受験シーズンが終わり、勝運信仰で知られる大阪府箕面市の勝尾寺では、受験生などが奉納したダルマが棚一面に並んでいる。

 勝尾寺では昨年末から「特別試験合格祈願」として、多くの受験生の合格祈願を続けてきた。この時期は志望校に合格し奉納されたダルマが最も多くなるという。ダルマの背中には高校や大学の名前のほかに、感謝の言葉も見られ、合格の喜びがうかがえる。(森井英二郎)