[PR]

 JR籠原駅(埼玉県熊谷市)構内で起きた火災により一部で不通が続くJR高崎線について、JR東日本は16日、全線復旧が17日午後1時ごろにずれ込む見通しだと発表した。当初は17日始発からの運転再開を目指していた。

 JR東によると、高圧電流が流れ込んだ信号機器を確認したところ、交換が必要となる配線約2千本のうち約180本が熱で溶けて分離できない状態になっていた。これらの交換作業と信号や踏切の機能確認に予想以上の時間がかかることがわかったという。

 17日午前は16日と同様、熊谷―岡部間が不通となり、熊谷―本庄間に代行バスが走る。上野―熊谷間と岡部―高崎間は通常ダイヤの半分ほどの本数で折り返し運転を続け、上野東京ラインや湘南新宿ラインとの直通運転は取りやめる。

 熊谷駅では16日朝、新幹線で都心に行こうとする客が殺到し、2時間にわたって新幹線ホームに入場規制がかかった。