[PR]

 車に乗っていて交通事故で死傷した人のうち死亡した人の割合が、シートベルトを着用していないと、していた場合の約14・3倍に上った。警察庁が2010~14年の事故を分析した。警察庁は、シートベルトをしていないと死亡の危険性が高まるとして、着用の徹底を呼びかけている。

 5年間で、乗車中に交通事故で死亡するか、けがをした人は261万2977人だった。本人の証言などから、このうちシートベルトをしていたと警察が判断したのは244万7428人で、その中で死者は3763人(0・15%)だった。

 一方、シートベルトをしていなかったと判断したのは15万1334人で、このうち死者は3335人(2・20%)。死者の割合は、着用していた人の14倍を超えた。各年ごとに見ても、割合に大きな差はなかった。

 座席位置別で見ると、運転席は、シートベルトをしていないと、していた場合と比べて死亡する割合が50倍以上高かった。

 一方、事故の衝撃で窓ガラスを…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら