[PR]

 温度や湿度によって色が変わる巨大LED看板が16日、JR大阪駅近くに登場した。ダイキン工業が、自社のキャラクター「ぴちょんくん」を使ったもので、新たなランドマークになりそうだ。

 ぴちょんくんは高さ13メートル、横幅11メートルで、大阪駅を向く方の頭が計9色に変わる。暑くて湿度が低い時はオレンジ色、寒くて湿度が高い時は紫色、温度も湿度も適度であれば青色といった具合だ。花粉が多いときはマスクをつけることもある。ダイキンは同じ場所に看板を置いていたが、「空気に興味を持ってもらいたい」とつくりかえた。