水素を使って走り、「次世代エコカー」として期待されている燃料電池車(FCV)について、政府は16日、2030年までに国内で累計80万台普及させる目標を決めた。水素を補給する「水素ステーション」も25年までに現在の4倍の320カ所程度に増やす。数値目標を示すことで、普及に弾みをつける狙いだ。

 FCVを製造する自動車メーカーや水素を供給するエネルギー業界、学識者らでつくる経済産業省の協議会がまとめた。目標では、2月末時点で累計500台程度の普及にとどまっているFCVについて、20年までに約4万台、25年までに約20万台、30年までに約80万台に増やす。3月末時点で約80カ所にとどまる見込みの水素ステーションも、20年度までに2倍の約160カ所、25年度には4倍の約320カ所まで広げる。

 1台700万円を超す高価格が、FCV普及のネックになっている。経産省は、高価な素材の使用量を減らしたり、部品を共通化したりして、20年までに燃料電池のコストを半減、25年までには4分の1まで下げられると想定。車体価格を200万円台に抑えて大量販売が期待できるモデルの投入も見込む。

 整備費や運営費が割高な水素ス…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら