[PR]

 男子20キロ競歩の世界記録保持者の鈴木雄介(富士通)は16日、エントリーしていたリオデジャネイロ五輪の最終選考会である20日の全日本競歩能美大会を欠場すると発表した。股関節痛の影響で、調整が間に合わないという。2月にあった選考会の日本選手権20キロ競歩も欠場しており、リオ五輪出場の可能性はなくなった。

 鈴木は昨夏の世界選手権を股関節痛で途中棄権。回復と調整の遅れから一度はリオ五輪断念の意向を示したが、わずかな望みをかけて今大会にエントリーしていた。

こんなニュースも