[PR]

 日本ハムとヤクルトは16日、自チームの試合結果を対象にした選手間の金銭のやりとりについて、ともに事実関係は確認できなかったことを明らかにした。

 両球団は巨人の4選手が関わった野球賭博問題を受けて再調査を進めていた。日本ハムの島田利正球団代表は「昔の人まで聞いたが、何もなかった」と説明した。また、全選手らへの聞き取り調査を終えたヤクルトの新純生球団専務は「野球に関しての金銭の授受はやっていなかった」と話した。

こんなニュースも