[PR]

■不破哲三・共産党前議長

 参議院で共闘している以上、衆院で(選挙協力を)やらない筋はない。衆議院は自民党が勝ってもいいとはならないのだから、小選挙区での共闘を野党間で進めるべきだ。(衆院と参院を)区別するのは根拠のない暴論だ。

 特に(安倍晋三首相は)(衆参)ダブル選を狙ってきますから。(野党が選挙協力を)早くやればやるほど安倍首相の方も楽じゃなくなる。だいたい安倍政権は、政策でうまくいっているところはないのだから。(那覇市内で記者団に)

こんなニュースも